藤井四段とハロー効果・ピグマリオン効果

藤井四段がデビュー29連勝を達成した。奨励会三段リーグの成績が13勝5敗で、この勝率で考えれば、29連勝は、確率的には奇跡(約0.008%、12500分の1の確率)である。では三段リーグが強すぎるのかといえば、そうとも言えない。ここ数年、藤井四段以外で三段リーグを抜け、四段になった者の成績は、ざっと調べた限りで、13勝10敗、9勝4敗、27勝16敗、18勝16敗、36勝19敗といったところである。三段リーグよりも、勝率は落ちている。では、なぜ藤井四段だけが、プロになった四段後、なぜこんなに勝てているのか。「神」の思し召しということで結論づけてもいいのかもしれないが、ここは教育心理学用語のハロー効果・ピグマリオン効果で考えてみたい。ハロー効果は光背効果とも言われ、いわゆる後光がさすというものだ。最年少での中学生プロ、詰め将棋の天才で読みが深く、終盤が無類の強さがあると相手がいわば物怖じして、手が伸びずに負けてしまう。これは私が将棋倶楽部24の将棋サイトで指していてもよくあることで、レーティング上の相手には、何となく気後れし、普段よりミスが多くなる。あとひとつ、ピグマリオン効果は、人から期待をかけられると、実力が十分に発揮でき、成績が向上するというもの。三段リーグでは、対局者は人生をかけて勝負しているのだから、ハロー効果で敵にひるむようなことはなく、また本人は期待よりもプレッシャーのほうが大きく、ピグマリオン効果も出ない。こんな勝手な分析をしてみたのだが、どうだろうか。「ハロー効果、ピグマリオン効果といってみたかっただけじゃないの」という読者諸兄のツッコミは、素直に認める覚悟であります。

コンピュータ将棋の強さ、将棋の深さ

勝敗を決するまでの将棋の手の数は、宇宙に存在する原子の数よりも多いと言われている。だから、いくら人工知能の発達しても、将棋の手をすべて読み切るのは不可能とされる。今のコンピュータ将棋は、人間の作りあげた定跡は無視して、全部の手を読む+コンピュータ同士の対局の繰り返しの手法でブレイクスルーし、とてつもなく強くなった。しかし、名人に勝利したポナンザの開発者は、これ以上ソフトを強くする方法が、わからないとも言っておられる。コンピュータ将棋の発達で、注目されることの一つは、将棋に必勝法があるのかということだが、少なくとも、今のコンピュータ将棋のレベルでは、それが見つかる可能性は極めて少なそうである。単純な動きの8種類の駒があるだけのたった81コマの世界でも、もはや「神」のレベルに達したコンピュータソフトを駆使しても、解明できないほどの深い世界がある。広い世の中の事象ともなれば、人知がはるか及びようもない真理が、満ちあふれているのは当然のことである。天才といえども、たかが人間が考えるようなことなど、「神」の作り上げた真理の前では、児戯に等しいのだろう。

コンピュータより弱い将棋のプロの存在意義はあるのか?

人工知能の前には、人間の将棋はもはや敵わなくなった。現名人の佐藤はコンピュータソフトのポナンザの前に、全く歯がたたなかった。またあるトッププロは、コンピュータとのレーティング差が、1000点はあることを語っている。この差は、とんでもなく大きく、おそらく100戦やっても1回も勝てないぐらいの差だろう。そんな中、コンピュータより弱い将棋のプロに存在意義があるのかという疑問は、当然起こってくる。

その昔、NHK杯の将棋で、人情味あふれる解説でも人気であった石田九段が、精密機械と呼ばれた若き佐藤康光元名人(現将棋連盟会長)に、佐藤の研究手順にはまり、なすすべなく負かされたとき、石田九段いわく「まるでコンピュータと指しているみたいで、人間の将棋じゃない。まったく面白くない」とぼやいていた記憶がある。今となっては、佐藤将棋はたいへんユニークで(ひょっとして石田九段のこのときの発言がグサッときたのかも)、また会長になられるぐらいだから、人望も人間味もあることは明らかであるが、当時はミスしない将棋マシーンのように思われていた。将棋の面白みの一つは、将棋を通して、相手の人間を知ることができることである。将棋を指したり、鑑賞して、相手が「弱いなあ」「強いなあ」「メチャやるなあ」「臆病だなあ」、そういったことを感じとれることが、面白い。自分の将棋と比べて、プロの将棋の技量が「すごいなあ」と感じたり、ときに人間らしく間違えるから、プロの将棋を面白く感じる。人格の一面をかいま見れるところが面白いのである。だから、人格のないコンピュータが人間にいくら勝とうが、プロ棋士の存在意義は少しも薄れないのである。コンピュータ同士が競う将棋対局もあるが、どのコンピュータが強いとか、その棋譜にはあまり興味はもたれない。

あともう一つ、これはよく指摘されていることだが、人間の将棋であれば、羽生名人であろうが、藤井四段であろうが、ある程度の将棋の実力があれば、解説があれば、指し手の意味がわかる。いわば、将棋にストーリーがある。しかしコンピュータの将棋は、読み手が深すぎて、人間の理解を超えている。いわば分数を学んでいる小学生に、微積分の本を読めというようなものだ。

こんなわけで、いくらコンピュータが強くなっても、将棋のプロは存続することができるだろう。逆に将棋のプロが存在できなくなるときというのは、プロを支える将棋の愛好家が一定数を下回ったときだろう。例えば、将棋のプロの主な収入源は新聞社が主催する棋戦だが、総額2億円の棋戦があるとして、これを新聞年間購読料約3万6千円で割ると約5500、つまり将棋欄をみたいから新聞をとる人が最低5500人いれば、損得勘定として、その棋戦をやる意味があるが、下回ると棋戦打ち切りとなりかねないということである。今の若手のプロの中には、そのことに危機感をもち、将棋ファンを増やそうと、男芸者になることも厭わず、努力している人もいる。今の藤井四段やひふみんのフィーバーは、停滞気味である将棋界にとって、神風が吹いているといえよう。

プロ棋士を目指すべきか

2016年、本棚には将棋の定跡書がずらりと並び、アマ強豪の個人レッスンも受けていた、小学4年生(10歳)の市岡君が、小学生名人となった。その後、期待されて、プロの登竜門である奨励会に7級で入会。しかし7級のまま昇級果たせず、退会となった。ベテランの将棋道場主は、将棋の強い子供がいても安易にプロの道を勧めない。奨励会の厳しさをよく知っており、その世界で、人生を棒にふった若者を数多くみてきたからだ。奨励会は将棋の天才少年少女たちが集まり、並の才能では通じない。また定跡の整備がすすんだ近年は、才能に加えて、受験対策のようなしっかりした勉強まで必要である。プロになるのも狭き門、プロになって、タイトル戦をとるような活躍ができるのも、ほんの一握りの棋士に限られる。棋士になるのは、東大に入るよりはるかに難しいだろう。その割に、一部トップ棋士を除いて、年収もそれほど高いわけではない。今、藤井四段ブームで、将棋教室が盛況との話も聞くが、プロ棋士になるという夢を持つのは、とりあえず止めておいたほうがよいだろう。将棋を学ぶと、集中力や思考力がつくと言われたりする。そうのなのかもしれないが、子どもの教育に将棋が役に立つなんてあまり思わず、楽しく遊べる趣味のひとつぐらいに、考えておいたほうがよいと思う。もちろん将棋から、得られる教訓もある。例えば、楽観視して気を緩めたり、焦って指したり、意表をつかれて頭がパニックになったりすると、大きなミスをしてしまう。これは、あらゆる勝負事に言えることで、どんな場面でも、感情に左右されず、冷静に対処できる心構えが、勝利するためには非常に大切だ。また、将棋では、常識だと思っていることが、必ずしも最善ではなく、常識外れの手がよい手であるということも、よくある。最近の定跡の進化で、昔の将棋の本では、やってはいけない手とされていたものが、実はよい手とされ、プロの対局でもどんどん指されたりしている。また人工知能の指し手は、これまで積み上げてきたプロ棋士の感覚を根底から揺るがしている。たかが64マスの将棋の世界でも、このようなことが起こっている。実社会においては、常識とされていることが正しくなく、非常識とされていることの中に、正解や真理が隠されているなんてことは、数限りなくありそうだ。

 

藤井聡太四段は天才か

藤井聡太四段は、12歳のときに、プロの猛者も参加する難問ぞろいの詰め将棋選手権に、満点で優勝している。現在、詰め将棋を解く能力は、彼が日本一であろう。プロ棋士ならば、長手数の詰め将棋でも、苦もなく解けるのだろうが、難問の詰将棋は、盲点とも言える手を盛り込んでいる。それを藤井四段はすんなりとクリアできる。この能力は、とうぜん努力して身につくものようなものではなく、天賦の才能である。藤井君は、プロの登竜門三段リーグでは13勝5敗の成績である。それを考えると、プロ棋士四段のデビュー以来28連勝の記録は、たいへん失礼ながら、さすがに出来すぎである。初戦相手の加藤一二三九段が、神の力を注入されたのではあるまいかとさえ思えてくる。藤井四段の強さの原動力は、詰め将棋にみる読みの深さと正確さにあるが、中学生にしてあの精神の安定さにも驚く。古来、天才は奇人でもあるものだが、藤井四段はふるまいもよく、発言もきわめて常識的。天才は奇人が多いが、最近の天才は、羽生さんのように常識人も多い。いまどきの天才は、情報化社会を通じて、古来の天才の失敗例を学び、ほんらい天才とは相いれない一般社会とも、うまく折り合っていく知恵を身につけているのかもしれない。それにしても、デビュー以来28連勝はすさまじい。28連勝の記録がつくられたとき、絶対に破られない記録だろうとされた。藤井四段の三段リーグでの勝率は約7割2分で、その勝率で28連勝できる確率は、約0.01%(1万分の1)しかない。これはほんとに奇跡としか思えない。

 

加藤一二三は天才か

加藤先生は、対局マナーが悪いと、ときにひんしゅくを買うことあった。大きなカラ咳や鼻息、対局相手の後ろに回って盤をみる「ひふみんアイ」、駒をパンパンと打ち鳴らす空打ち・・・。でも、決して相手にたいして嫌がらせや悪意があるわけでなく、将棋にのめり込みすぎるから行なっている行為で、棋士の多くもそれがわかっているので、加藤さんだからと容認していた。対局相手の気持ちやマナーのことなど意に介さず、ただ一途に将棋にのめり込む。なんと幸せな将棋人生。その上、家族愛にも恵まれ、信仰にも恵まれ、人生を迷うことなく、歩まれている。多くのタイトルはとれなかったものの、十段位、名人位のビッグタイトルを奇跡的な妙手の発見で獲得された。そして、棋士引退のこの年、藤井四段プロデビュー第一戦の対戦相手、藤井四段新記録達成と同時期にプロ引退の巡り合わせ。マスコミでも大きな話題となり、いまや時の人である。ご高齢でボロボロになるまで、将棋を指されているのはどうかとも思っていたが、天才の人生は、凡人にはおよびもつかない。77歳にして、また大輪を咲かせられた。やはり神のご加護なのか。

加藤一二三は大棋士か?

前の記事は、昔録画してあったビデオを見直して書いたものだが、検索してみると、この番組の書き起こしの記事があった。やはりネットの情報力は、すごい。

今となっては加藤先生は、すっかり愛嬌のあるかわいいキャラのようになってしまったが、60歳時の先生は凛としていて(当然、前歯もあります)、堂々たる風格があり、バラエティなどに出られるような雰囲気ではなかった。14歳でプロ棋士になり、20歳でA級まで上りつめ、60歳にして現役バリバリのA級棋士、天才であることに疑いようはない。しかし、通算獲得タイトルが8期というのは、この天才にすれば寂しいような気もする。加藤先生は、常に最善手を求め、自分がこれと納得できるまで、手を指さない。その結果、時間を使い切り、最後は秒読みの1分将棋となってしまう。加藤先生は秒読みになっても間違えないとのことで「1分将棋の神様」とも呼ばれたが、検証すると、やはり1分将棋でかなり間違えておられたらしい。大きな壁となった大山名人は、最善手出なくてもよい、相手が嫌がる手や間違いそうな手を指すといった柔軟な差し回しもあり、とことん最善手を追究する加藤先生のストレートな将棋のスタイルが、裏目に出たのかもしれない。将棋は、真理を追究するには深すぎるのだろう。大山名人に勝てなくて、神の加護も得ようと、クリスチャンになられたとも聞いた覚えがある。また加藤将棋の特徴は、ひとつの戦法を突き詰めて、繰り返し指すことだ。ただ、同じ戦法ばかり繰り返すと、敵も的が絞れるので対策しやすい。加藤先生が、柔軟に様々な戦法を使いこなし、最善手ばかりを求めず、むやみやたらと長考せず、時間配分も考えながら指していたら、もっとたくさんタイトルを獲得できていたのかもしれない。

でも、それでは加藤一二三ではなくなってしまう。たとえ時間がなくなろうが、対局者に少々失礼な振る舞いをしようが、常に次の一手の最善手を全力で追究する。その姿勢があったから、77歳までプロ棋士として将棋が指せたのだと思う。恐るべしは75歳にして、十代の棋士増田四段に勝利している。なお増田四段は、次の連勝新記録がかかった藤井四段の対戦相手である。