ギャンブル必勝法・投資必勝法と人工知能(AI)

当然のことながら、ギャンブルは胴元が必ず儲かるように出来ている。例えば、36まであるルーレット。1に賭けたとして確率は1/36というわけではなく、アメリカだと0と00(ヨーロッパは0のみ)があり、実際の確率は1/38。赤と黒のどちらかに賭ける場合でも、0と00は除外して、1/2の確率でない。約5%は必ず胴元の取り分となる。日本の競馬は25%が胴元の取り分なので、それと比較すると、ずいぶん少ない取り分のように思えるが、ルーレットは回数を多くこなすことができるので、効率がいい。またルーレットには、人為的要素がないので、回数を重ねれば必ず人間が負ける。しかし、ブラックジャックだと、カードが開示されているので、それを記憶するカードカウンティングという方法で、必勝法が編み出された(映画「ラスベガスをぶっつぶせ」)。

競馬の必勝法でも、著名な作家、浅田次郎さんの本に、900万下短距離ダート戦に絞って長年延々と賭け続け、世田谷に100坪の豪邸を建てた猛者の話が出てくる。また浅田さん自身も、新馬戦に絞って研究し、競馬でかなり儲けられたとのこと。毎年やる運動会の駆けっこみたいに、出場するメンバーがだいたい分かっていて、予想がしっかりできれば、控除率が25%もある競馬でも、儲けることも可能なようだ。

ギャンブルでない投資なら、研究して、うまい方法を編み出せば、もっと儲けることができるはずだ。投資における控除は、株式なら手数料、不動産なら仲介料や税など。両方とも、ギャンブルより控除率はずっと低く、情報が開示されている。

いまギャンブルや投資でもっとも強力な武器と考えられるのが、人工知能(AI)だろう。将棋で名人に勝つようなAIは、かわいいものである。でも、競馬予想でAIが導入されたら、どうなるか。2009年の時点でさえ、競馬ソフトを用いた会社が、160億円もの所得を得たこと(所得隠し)が発覚している。さらに株式なら、AIを使った投資法で、巨万の富を生み出している者がきっといるに違いない。でも、これらのことは、あまり表に出てこない。AIの活用は、Nスペのタクシーの乗客情報に使うなんて生やさしい話で済むようなことでは、きっとないのだと思う。

生命保険に入るべきか?

近年の「生命保険に関する全国実態調査」によると、1世帯あたりの生命保険の年間払込保険料は、平均41.6万円とのことです。すごい金額です。この中には個人年金型など貯蓄性の高いものも含まれてますが、結局その分、保険料が高くなっているだけのことです。前の記事で、破滅的な災難でないかぎり、保険に入る必要はないのではないかと申しましたが、子のある家庭での夫の死亡は、はたして経済的に破滅的な出来事でしょうか。まず会社からは死亡退職金があります。労働災害なら労災保険がおります。事故なら、損害賠償がもらえるかもしれません。また遺族年金、自治体からは児童扶養手当(子一人で月4万円以上)が出ます。その他、母子家庭なら、様々な優遇措置があるでしょう。夫の死亡は、すぐに生活に困るほどの壊滅的な災難とは必ずしもいえないでしょう。そんなことなら、年間40万円もの保険料は貯蓄に回したほうがよいとも考えられます。10年なら400万円です。これだけの貯蓄があれば、とりあえず不測の事態にも備えられると思います。

日本の生命保険は、還元率はほとんど公表されておらず、一部のネット生命を除き、払い込み金額に対する還元率は、50%の宝くじより低いのではないかと言われています。生命保険が「不幸の宝くじ」「死の宝くじ」といわれるゆえんで、経済的な行動としては、毎年、宝くじを40万円も買っているのと変わりありません。しかも死亡した本人にとっては、生命保険は何の利得もない。下手すると生きているうち、家族から死を望まれることだって、あるかもしれません。しかし、生命保険に加入しないことを奥さんに説得するのは、相当難しいことでしょう。人間は、恐怖という感情に対しては、ひどく弱いものですから。

保険に入るべきか?

父が近くの銀行に勧められ、10年ほど前に変額保険なるものに加入していた。

金保証、年金方式でもらえる、投資信託で利益が出れば、配当益も期待できるというものである。とくに「元金保証」「年金」のフレーズは食いつきがいい。上手に、年寄りを誘惑する商品をつくるものである。この実体は、元金保証は死亡しないと元金が戻ってこない、年金は約30年間(父なら約100才まで)で元金と同じ金額が返ってくるだけ、配当益については、この株高でも利益出ず(銀行+証券会社の手数料が高いのだろう)で、今、解約すると1割ぐらいの損失が出る。銀行の勧める金融商品など、こんなものだろう。日本の保険商品の多くは、割高である。生命保険など、ネット生命保険以外は、ろくに還元率を公表すらしておらず、宝くじの50%の還元率を下回っているのではないかともいわれている。生命保険に入るのも宝くじ買うのも、経済的行動としては、たいした違いがないということである。

保険のために、家計が圧迫され、生活が苦しくなるようでは、本末転倒である。ほんらいの保険のあり方は、その災難に遭ったとき、壊滅的な状態になるのを補償してくれるかどうかだと思う。例えば、家が焼けたとき、住む家がなくなって路頭に迷うようなことがあるならば火災保険に入るべきである。賠償金が億になるかもしれない人身事故に備えるには、対人無制限の自動車保険も入るべきだろう。でも生命保険については、入る必要があるのだろうか。これについては、次回書いてみたい。

コピー機の節約

ネット販売でおそらく私がいちばん得できたのは、中古コピー機の購入でしょう。新品であれば50万~100万円以上もするコピー機が、ヤフオクだと5万円以下で買える。トナーはカートリッジタイプにし、リサイクルを利用すれば、1枚あたり1~2円程度のコストで印刷できてしまいます。壊れた場合は、メーカーによる修理も考えられますが、保守契約していないと、簡単な修理でも数万円かかることあるので、買い換えたほうが得なことが多いです。仕事がら、ハードにコピー機は使いますが、故障(たいてい部品の劣化)で使えなくなるのは、5~10年後ぐらいでしょうか。壊れたコピー機の処分は結構、問題となります。ヤフオクに出すのは、手間な上、故障品だと、わりが合いません。行政に頼むのが正しいと思いますが、自治体によっては数万円の処分費がかかるしれません。私の地元にある日本語の少しあやしい買取業者は、壊れたものでもコピー機を喜んで引き取ってくれます。自宅まで回収してくれた上、買取費までくれたりします。ただしこの方法は、おすすめはしませんし、自己責任ということでお願い致します。

自動車オイル交換のムダ?

ガソリンスタンドでは、自動車のエンジンオイル交換を、3000㎞ごとに勧めてきます。それぐらい走って調べてもらうと、「オイルが真っ黒に汚れている。早めに交換したほうがエンジントラブルがない」と説明してきます。私も昔はそれを信じて、早めに、5000㎞位で交換していました。しかし疑問を持ち、自動車の説明書をみてみると、オイル交換は15000㎞ごとに交換と書かれています。どちらが正しいか、ネットでも調べてみました。ヨーロッパでは、もっと長い走行距離でも、交換不要となっているようです。整備工などの意見では、早いオイル交換を勧める意見もあり、賛否両論です。読んでいて、やはりエンジンを長持ちさせ、車の長く乗るなら、無難に早めにオイル交換ぐらいやっておくべきかとも思いました。しかし、よく考えてみると、自動車の説明書が勧める15,000㎞で交換したのにもかかわらず、オイルのためにエンジントラブルが起こり、事故が起こったとしたら、どうなるでしょう。自動車メーカーは壊滅的な賠償を払うことになり、倒産の危機さえ招きかねません。説明書の文面だけのことなのに、メーカーそんなリスクをメーカーが負うはずがありません。

結論として、説明書の勧めるオイル交換より、早めのオイル交換など必要ないということです。少し走ればオイルが汚れるというのは、ガソリンスタンドの営業トークでしょう。

早めのオイル交換は、消費者にムダな出費をさせ、しかもエコにも反する行為です。

今の日本では、本当に経済的にエコになることと、ペットボトルの回収のような政治的に作り上げられたムダな詐欺的なエコが混在しています。ネット社会で、情報はあふれかえっていますが、本当に正しい情報を見分けるのは、簡単なことではないようです。

民主主義は最善か(その2)

政治にとって、民主主義はベストな方法ではありません。でも、国民にとっては、選挙という行動を通して、自分たちが代表者を選べるので、民主主義はたいへん受け入れやすい政治制度です。また選んだ政治家が気に入らないのなら、次の選挙で落せばいいので、革命や暴動が起こりにくい。政治家にとっても、悪い政策を行なっても、国民からの信託を受けているのだからと、責任回避できる都合のいい制度です。でも、民主主義には、外見だけで判断してひどい政治家を選んでしまったり、次の選挙で落されないように、痛みを伴うようなことは先のばしにし、国民に媚びを売るその場しのぎの政策を政治家が行ないやすいなどの欠点があります。

民主主義よりも、選挙によらない賢人による独裁政治なら、国民全体にとって、きっと優れた政策を実行できるでしょう。しかし選挙を経ない独裁は、下手をすると、一部不利益を被る者たちによる革命や暴動が起こり、処刑のリスクさえあります。

強大な権力は得たい、でもリスクはとりたくない、そう考える独裁者なら、形だけの民主主義を取り入れて、不正な選挙(または自分が選ばれやすい選挙制度にする)を行ない、自分が選挙によって選ばれた形にするのが、得策でしょう。

所詮、人間は動物であって、人間社会全体のことを考えて合理的に行動などせず、自分のエゴで動きます。理想世界の共産主義は受け入れられず、貧富の差が生み、矛盾だらけであっても、人間のエゴを満足させる資本主義を好む。賢人による独裁政治よりも、愚者による民主政治を好む。結局、人間社会では、人間の動物性が満たされないと、どんな優れた制度があったとしても、成立しないということです。

将棋から考える。民主主義は最善なのか(その1)。

初めてブログ開設し、趣味の将棋ネタをこんなに書くつもりはなかったのですが、藤井・ひふみんフィーバーに乗っかって、少し記事の本数を重ねました。時事に沿ったほうが、ブログというのは書きやすいようです。読んで頂いて、もっと役に立つような話題や、固い話になりますが、人間や社会の本質をつくようことも書いていきたいと思っています。後者については、考えをうまく文章にまとめられるのか、またその考えが凡愚で、ご批判も賜わるのではないかと、不安ではあります。

さて見出しのテーマです。他の偉い先生の著作を読んでの、受け売りも多いですが、ご了承下さい。

将棋において、アマチュア初段のメンバー100人が合議で決定した手よりも、プロの羽生先生一人が決めて指した手のほうが、正しいに違いありません。どんな分野においても、平凡な者たちの衆知を集めたものより、天才一人の知恵のほうが、優るでしょう。政治の世界においても、天才政治家が独裁で行なうのが、おそらくベストでしょう。しかし独裁体制は、一歩間違うと、時に暴走し、国民を不幸のどん底に陥れるような者が現れるおそれがある。民主主義は、ベストな方法ではありませんが、危険な独裁政治を防ぐための、いわばセカンドベストの方法として、選択されていると考えるべきでしょう。とはいえ、ヒトラーは民主主義的な手続きの中から生まれたのであって、民主主義が、必ずしも危険な独裁者の出現を阻止できるわけでもありません。民主的な手続きで選ばれた場合であっても、行政と立法と司法の三権を手中にできれば、簡単に独裁政治は実現可能です。為政者が、好き勝手な法律を作って、それを実行して、それに背く者は処罰できるようなことが可能であれば、恐ろしいリバイアサン、専制政治の誕生です。どちらかといえば、独裁政治の防止は、三権分立の制度のほうが担っているといえます。古代アテネにおいては、独裁僣主が現れるのを防ぐため、陶片追放(僣主を狙うと思われるものを投票にかけ一定数を超えると国外追放されるという方法がとられました。良し悪しは別として、古代世界においても、政治システムの構築のため、さまざまなアイデアや工夫が試行錯誤されていました。現代においては、人間の科学進歩はめざましく発展しましたが、政治システムは、思考停止のように、あまり疑われることもなく、民主主義がよいものとされています。でも、どうなのでしょうか。また、いまだに専制政治が世界中で行なわれており、政治は古代よりあまり進歩していないように思えます。(続く)